エコカラットの3つの特徴

エコカラットは、機能性内装壁材です。

日本古来の土壁の工法を新たな技術である焼き物融合によって進化させたものです。

表面に1mmの百万分の1の穴が多数空いていて湿気やニオイを吸放出します。

通常の内装は壁紙や塗装を施してあるところがほとんどだと思います。


それでは外見だけで何の効果も得ることができません。

東京のエコカラット関連情報サイトです。

その点、エコカラットには、3つの有効な特徴があります。



一つは湿度コントロールです。

日本家屋でよく使われている珪藻土にも湿気をコントロールする特徴があります。

湿気が多い時には吸収して室内を乾燥させます。室内が乾燥すると中に保有している水分を放出して、湿気を増やします。

エコカラットは、7倍の能力で湿度のコントロールをすることができます。

また湿度だけでなく嫌なニオイも一緒に吸収してくれます。
室内の悪臭といえばトイレ、生ゴミ、タバコ、ペットなどのニオイです。このニオイの吸収率も珪藻土よりも優れています。
何もしなくても吸収してくれます。

3つ目は有害物質の吸収、低減です。
家の中に漂うトルエンやホルムアルデヒドなどの有害物質は、そのままだと喘息やアトピーなどのアレルギーの発症の原因になります。

NAVERまとめの情報はかなり役に立ちます。

そのような有害物質をしっかり吸収して空気中に漂わないよにします。

ホルムアルデヒドなら壁紙と比べて10%以下まで低減させることができます。
公的機関にその優れた性能を認められて、ホルムアルデヒド低減建材として認定を取得しています。